鼠径ヘルニアはどんな病気か|鼠径ヘルニアや側弯症などの病気は手術で治すことができます

鼠径ヘルニアには手術が必要です

鼠径ヘルニアはどんな病気か

腹部

鼠径ヘルニアにはどんな症状が出るか

ヘルニアという病気は、体内の器官があるべきところからはみ出してしまう病気全般を指しています。そして「鼠径ヘルニア」とは、いわゆる「脱腸」のことを示しています。小腸が、太ももの付け根に当たる部分(鼠径部)からはみ出してしまうという症状が特徴です。最初の内は、鼠径部がぽっこりと膨らむ程度で簡単に引っ込めることができます。しかし、症状が進行すると、次第に硬くなりはじめ、強い痛みや吐き気を引き起こすようになります。また放っておくと命の危険につながることもあります。

鼠径ヘルニアはどうして起きるのか

鼠径ヘルニアは、鼠径部の筋膜という組織の力が弱くなり、腸を支えきれないことが原因となって発症します。そのため、筋組織が未発達である成長期前の子供や、働き盛りで重いものを持ち上げることが多く、筋組織がおとろえ始める40代頃に多く発症する病気です。また特に男性は女性に比べて鼠径管が大きく、腸がはみ出しやすくなっていて、発症しやすくなっています。そのため、鼠径ヘルニアの患者は8割が男性です。鼠径ヘルニアは、手術でしか治療できないので、初期症状に気付いたらすぐに専門医の診断を仰ぐ必要があります。

鼠径ヘルニアは手術で治ります

放っておけば激痛と命の危険を招く、危険な病気である鼠径ヘルニアですが、専門医の手術を受ければ、簡単に治すことができます。さらに後遺症などの危険もなく、安全に治療することができます。恐れることなく、気軽に相談しましょう。また、手術に関するさらに詳しい情報は、同サイト内の「鼠径ヘルニアの治療法」をご参照ください。