鼠径ヘルニアや側弯症を治す手術の知識

それぞれの病気の特徴と治療方法

腹部

鼠径ヘルニアはどんな病気か

まずは鼠径ヘルニアとは、どのような病気なのかを確認しておくことが必要です。鼠径ヘルニアで起きる症状や、なぜ発症するのかという原因を知り、鼠径ヘルニアを治すための知識の基礎を固めましょう。

READ MORE
ボディライン

側弯症はどのように治すのか

側弯症の症状と、その治療法を学ぶことができます。また、側弯症を治療するために手術を受けた経験のある人の、体験談を掲載しています。ぜひ手術を受ける前に、参考にしてみてください。

READ MORE
看護師

鼠径ヘルニアの治療方法

鼠径ヘルニアは手術を受ければ、簡単に治すことができる病気です。最新式の手術の手法と安全性を確認しましょう。また鼠径ヘルニアを再発させないために、必要なことを意識することを心がけてください。

READ MORE

診断はどのように行うのか

まず病気を治すためには、専門医に診断してもらうことが最優先です。それでは、どのように診断するのでしょうか。例として、鼠径ヘルニアの診断手順を紹介していきます。事前に診断の手順を知っていれば、緊張することなく、リラックスして診断を受けることができるようになります。

鼠径ヘルニアの診断手順

まずは問診から始めます

まずは、最初に問診を受けることになります。いつから痛みが出始めたのか、どの部分が痛むのか、などの質問を受けることになります。診察前に問診表に記入することもあるので、正確に答えられるようにメモなどを用意しておくのも良いでしょう。

診察室で触診を行います

問診が終わったら、次は患部を確認します。鼠径部にふくらみがあるかどうかを確認し、確認できれば触診に移ります。触診では、鼠径部の膨らみを直接触って確認します。どのあたりから、どの程度の脱腸が起きているのかを判断します。

CTスキャン検査

問診・触診である程度の判断を下した後は、CTスキャンでより正確な診断を行います。鼠径ヘルニアは、さらに三つのヘルニアに分類されているので、どのヘルニアなのか、進行の程度はどのくらいか、他の病気ではないか、などといった状態の確認します。

超音波検査

ふくらみが確認できないなど触診での確認が難しい場合には、超音波を使用した検査で確認を行います。また、鼠径ヘルニアの治療には、麻酔を使用しての手術が必要になるため、手術前に血液検査や心電図検査などで、体の状態を確認します。

[PR]

鼠径ヘルニアは手術をすれば改善できる★
まずはパンフレットを請求してみよう。

手術を受けるために必要な知識

医者と看護師

安全に治すためには正確な医師の診断が必要

鼠径ヘルニアや側弯症などの病気は、自然に治る病気ではありません。完全に治すためには、正確な医師の診断が絶対に必要です。自己判断や周囲の人の意見に任せることなく、違和感を覚えたらすぐに医師の診断を仰ぎましょう。そのためにも、それぞれの病気に対する正確な知識を学んでおくことも大切です。

重い症状であっても手術を受ければ治すことができる

鼠径ヘルニアは、放置していれば死に至ることもある危ない病気です。しかし、医師の診断を受けて手術を行えば、安全で早く治すことができる病気です。重度の側弯症も、医師と相談して手術を受けることで、進行を止めることができます。そして、気になる背骨も外観では全く分からない程度まで、まっすぐに伸ばすことができます。